クレジットカードの使い過ぎは自分で防止する

クレジットカードは便利です。現金をたくさん持ち歩く必要がなく、支払いでお釣りを受け取る必要がないので小銭もたまりません。特に海外に行ったときは現地通貨を気にせずに支払いが出来ます。自分がいくら使っているかはネットで確認できます。リボ払いという手もありますが、利息がかかるし、いくら使ったかを把握するためにも、あまり使わないほうが良いです。クレジットカードには1か月に利用可能な限度額が決まっています。限度額が多くても気を付けないと収入以上に使い込んでしまうおそれがありますので、自分の収入に見合った限度額を自分で設定しておくことが使い過ぎ防止に有効です。少なくとも週に1回はネットで利用状況を確認する習慣をつけておくと、使い過ぎの防止になります。

Navigation